用いた治療法

ヒアルロン酸は加齢と共に人間の体内から減少します。それに伴い関節に痛みや炎症が起こる場合があります。それらを改善する為の治療法の1つとして、整形外科で行う関節内注射があります。
ヒアルロン酸注射は膝や肩等の関節の痛みに医療用医薬品としてヒアルロン酸を患部に直接注射します。そうすることで、患部の関節の痛みや炎症を抑え、軟骨の摩耗を押さえる効果が有ると言われています。それにより患部の動きをよくする潤滑作用やクッションのように衝撃を吸収する働きを助け、接種された患部の細胞や周囲の組織に適度な潤いを与え続けて痛みを改善します。もともと体内にある成分を補っている訳ですから、副作用などの心配は殆ど無いと言われていますが、接種前にはその持続性や接種予定回数等、医師からの十分な説明を受けてから接種するようにしてください。
また、目の病気の治療や予防にもヒアルロン酸が使われています。白内障やドライアイ・眼底疲労等にはヒアルロン酸が配合された目薬が多く用いられ改善効果が報告されています。白内障は目の水晶体に含まれるヒアルロン酸が濁ってしまう病気で、その手術の際に使用し、また病気の補助剤としても活躍しています。