用いたサプリ

ヒアルロン酸が減少することで、皮膚のみずみずしさや張りが失われ、関節痛などに悩まされることもあります。人体内のヒアルロン酸の減少率は20代に比べ40代後半には半分まで減少すると言われています。それにより失われた肌の潤いや張りを取り戻す為や、関節痛等の緩和を目的として、手軽に服用されているのがサプリメントです。
美肌を目的としたサプリメントには、ヒアルロン酸の他にコラーゲンやツバメの巣の成分が配合されており、関節痛等の緩和を目的としたサプリメントには、関節痛などの緩和を目的としたサプリメントには、カルシウムやグルコサミン・コンドロイチン等が配合されている物もあります。このように、現在発売されているヒアルロン酸を中心としたサプリメントは、その目的に応じて数多く有り、まずは自分に一番合ったサプリメントを探すことが大切です。
殆どの場合、ヒアルロン酸自体に副作用はないと言われていますが、薬の処方を受けている方やアレルギーがある方は服用に際にしては十分ご注意ください。全く効果が得られないと感じたり、身体の各組織に異常を感じたりしたら、早めにそのサプリメントの服用を中止しましょう。あくまでもサプリメントは体内の栄養や健康を補助する食品で有り、医薬品ではありません。

参考資料《http://s.bjn.jp/
…飲むヒアルロン酸サプリメントを販売している「お肌の駆けコミ寺」

用いた美容法

ヒアルロン酸と言う言葉が多くの人達に知られるようになった要因の1つに、アンチエイジング=若返りに効果が有るとされる美容法があげられます。
まず、皮膚組織にヒアルロン酸を直接注入する方法の一部を紹介します。人工的に作られたヒアルロン酸を鼻やアゴなどの気になる部分に直接注入します。方法としては、シワやくぼみがある箇所の皮下に注入し、充填剤としてくぼみを押し上げて肌を平らにすることが可能です。しかし、持続性が無いために成分が徐々に体内に吸収され、いつかは元のお肌に戻ってしまうと言う欠点もあります。それぞれの美容外科で基本価格や必要量・接種回数が変わってきますので、施術前にそれらを確認しておくことが大切です。
また、化粧品にも今はヒアルロン酸が多く使われています。別名では「潤い成分」とも言われ、ヒアルロン酸には優れた保水性のほかに水に溶かした場合の粘りにも大変特徴があり、この粘性を他の成分を含んだ化粧品と組み合わせることによって、使用感が大変滑らかになることがわかっています。しかも角質層の潤いを高め柔軟にする働きもあるため、スベスベで柔らかな潤いある肌になるのが特徴で、特に乾燥肌の方にはお勧めです。

用いた治療法

ヒアルロン酸は加齢と共に人間の体内から減少します。それに伴い関節に痛みや炎症が起こる場合があります。それらを改善する為の治療法の1つとして、整形外科で行う関節内注射があります。
ヒアルロン酸注射は膝や肩等の関節の痛みに医療用医薬品としてヒアルロン酸を患部に直接注射します。そうすることで、患部の関節の痛みや炎症を抑え、軟骨の摩耗を押さえる効果が有ると言われています。それにより患部の動きをよくする潤滑作用やクッションのように衝撃を吸収する働きを助け、接種された患部の細胞や周囲の組織に適度な潤いを与え続けて痛みを改善します。もともと体内にある成分を補っている訳ですから、副作用などの心配は殆ど無いと言われていますが、接種前にはその持続性や接種予定回数等、医師からの十分な説明を受けてから接種するようにしてください。
また、目の病気の治療や予防にもヒアルロン酸が使われています。白内障やドライアイ・眼底疲労等にはヒアルロン酸が配合された目薬が多く用いられ改善効果が報告されています。白内障は目の水晶体に含まれるヒアルロン酸が濁ってしまう病気で、その手術の際に使用し、また病気の補助剤としても活躍しています。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、1934年にアメリカコロンビア大学教授のカールマイヤー博士らによって牛の目の硝子体から初めて分離されました。ヒアルロン酸は、人間や動物の身体の中に含まれる多糖類の一種です。
例えば、膝や肩の関節の中にある液体や軟骨はヒアルロン酸から作られています。また眼球の水晶体の後ろにある硝子皮膚や臍帯などに多く含まれます。ヒアルロン酸は多糖類の中でもヘテロ多糖類に属していて、その中でも人間等の生体内でタンパク質と結合する性質を持ち、ムコ多糖に類属しています。ヒアルロン酸の水溶液は無色透明で粘度が高くゲル状になっています。
ここで、実際に人間の体内の中でのヒアルロン酸の働きをいくつか説明します。ヒアルロン酸は、骨と骨との間の動きを滑らかにしたり、摩擦を緩和するクッショクの役割を果たしたり、関節の動きを良くする助けをしています。又、眼球では硝子体の中にあって、眼球の形を保ち、細菌の侵入を防ぐ役割をしています。その他にも、体内に必要な水分を作り出し、皮膚組織の乾燥等を防ぐ働きもしています。
現在人口的に作られたヒアルロン酸は、関節炎や一部の眼病の治療に使われている他、健康食品や美容食品・化粧品・医薬部外品の添加物や、医薬品の成分として使われています。特に、化粧品の分野ではその保水性や粘弾性が活かされ、保湿成分を目的とする乳液やクリーム等の化粧品として多く販売されていますし、コンタクトレンズの洗浄液の中にはヒアルロン酸成分が含まれているものもあります。